Pocket

Picsues / Pixabay

「安い駐車場使用料」には要注意

これって【お得】なのでしょうか?私個人としては、こうした使用料設定は要注意と思っていますので、今回はこの問題についてお話します。

一般に、分譲マンションの駐車場はマンション管理組合と【賃貸借契約】を結び使用します。使用料金は、管理組合の口座に入り管理費に(余剰金が出れば修繕積立金にも)充当されます。つまり、駐車場使用料として徴収しても、使途は基本的に管理費です。

不公平感が生む軋轢も

例えば、「駐車場使用料0円」の場合、駐車場を使用する人は実質的に、管理費の中に駐車場使用料が含まれていますが、駐車場を使用しない人は、本来負担しなくても良いはずの(他人の)駐車場使用料まで支払っていることになります。

こうした、販売業者が新築時に売りやすくすることに主眼を置いた料金設定は先々、入居者同士の軋轢を生むことにも繋がります。

入居後に駐車場使用料が変更になることも

私の知人が購入したマンションは、「駐車場一律1,000円」でしたが、こうした不公平感を埋める為に、入居開始から数年経過後時に、管理費・駐車場使用料を変更しました。【お金】に絡む話の為、管理組合の話し合いは難航し、決定までにかなりの時間がかかった上に、入居者間にわだかまりが残ってしまったと嘆いていました。

分譲マンションを販売している側からしても、100%全員の方が納得される料金設定というものが無いことは解っていますが、もしも、あなたが検討中のマンションがこの様な駐車場使用料の設定ならば、こうした問題が有ることを認識し、納得した上で購入を判断して頂きたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク