Pocket

重要事項説明が出来るのは宅建士だけ

これは、「士」に格上げすることにより、職業倫理を高め、業界全体の引き締めを図る為のもの(裏事情も色々有ると聞いていますが・・・)だそうです。とはいえ、資格の内容そのものは殆どと言って良い程変わっていません。

実は私自身はこの仕事に就いてから約10年間は【宅建】の資格を持っておらず、売買契約手続きのたびに、他の人に【重要事項説明】をお願いしていました。

念の為に申し上げておくと、売買契約の手続きの前に【重要事項説明書】を提示して説明を行うことは、【宅地建物取引業法】に明確に定められていて、これを怠ると処分の対象になります。

しかし、これだけ必要な資格で有るにもかかわらず、営業マンの中で所持している人の割合はとても低いです。【宅地建物取引士(主任者)】の記載が無い名刺を担当営業マンから渡されたことが有る方も多いのではないでしょうか。

安心の国家資格

私が資格を所持してから感じるのはお客様からの信用が格段にアップしたということです。正直なところ、宅建を持っていなかった時と現在を比べても「営業力」といった部分では殆ど差が無いと思います。

しかし、「一生に一度の買い物」を任せるのは資格が無い人よりも有る人にしたいと思われるお客様は多く、不安なことが多い「不動産購入」を進めていく中では、国家資格という形の有るものに一定の安心を感じていらっしゃる様です。

こうしたことをハッキリと口に出される方は少ないのですが、数年前に接客させて頂いたお客様は、「【宅建】を持っていない営業マンは【医師免許】無しで診察している医者みたいなもん」とまでおっしゃられていました。

現在の法律では「従業員の5人に1人以上」の資格取得者が必要ですが、将来的にはその比率が変わって行くのかも知れません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク